商標登録ホットライン / 商標登録HOTLINE / 特許事務所/大阪 / 商標登録サイト

商標登録の手続

商標登録を受けるには、まず商標登録出願を行う必要があります。商標登録出願は、登録したい商標を特定し、その商標を使用したい商品又は役務を指定して行う必要があります。出願内容は、特許庁審査官によって審査されます。どんな商標でも登録できる訳ではなく、商標登録を受けるために必要な一定条件(登録要件と呼んでいます)を満たしている必要があります。審査官は、登録できない理由(拒絶理由と呼んでいます)を発見すれば、出願人に対して拒絶理由を通知た後、拒絶査定を送付します。拒絶理由通知に適切に対処しなければ、その出願は拒絶されてしまいます。
一方、審査官拒絶理由を発見できない場合には、登録を受けることができます。